2021/8/4

相場を見て考え、あらゆる状況を予想していくしかない。最早自分が何をしているのか、どこへ向かっているのか分からない。道しるべはなく、自分自身を信じて進んでいくしかない。孤独であるが、それでいい。クロスカウンター、リワードに余裕があるときの押し目、それだけしかできない。私は私ができる技だけを追求していく。世界のトップトレーダーとも勝負できる技を一つだけ持っていればいい。それだけを磨いていけばいい。どの時間軸を同じくらい重要である。総合的にチャートを捉え、打つポイントを絞る。誤ったポイントで弾を仕込んでしまうと小損であっても大損に繋がる。1つ目の押し目ができたらチャンスだ。3つ目は遅い。2つ目はギリギリなんとか。入るべき局面で入るのは最悪だ。衝動で乗るのもダメ。落ち着いて見極め、ここぞというタイミングで仕込むべきだ。決していけそうだからと衝動で乗ってはダメ。何度食われたことか。すべての負けが自分自身の責任である。結果が出ていないということは、下手なトレードをし続けているということ。それを重く認識しなければいけない。ただ悲嘆する必要はない。失敗したことは繰り返さないようにする。どうすればよかったのかを一つ一つのポイントで振り返り、次に活かす反省を怠らないようにする。それ以外に相場で勝ち続ける道はない。逆に、それを続けていけば相場で勝ち続けることができると思っている。

明確な押し目が存在していればmaとクロスしていなくても打つ。3回目の押し目を逃したら乗り遅れたと認識する。できる限り底で打つ。