2021/8/17

PDCAを回転させていくためにどうすればいいのかを考えていた。MT4を画面キャプチャーし、音声を加えてYouTubeにアップしていこう。継続していくためには、話題を一貫させないといけない。以下が具体的にやっていくこと。

 

朝と夜に動画を作成して一つにまとめ、YouTubeにアップロード。Evernoteにリンクを張り付ける。

・長期足の環境認識を行い、リスクを取るべき売買方向を話す

・一つ一つのトレードについて、考えていることを話す(狙い、改善点)

 

2021/8/15

長期足のオーバーシュートに対して積極的にリスクテイクしていく。トレンド初動を獲った後のピラミッティングをしたいのだが、テクニカル指標のどこをポイントにしようか悩んでいる。4時間足以上だと細かな動きが見えないから、1時間足と15分足を掛け合わせて何とかできないものだろうか?

2021/8/14

基本ルール

PC画面には左から順に4時間足、1時間足、15分足を表示すること。

日足と4時間足でリスクリワードを計算すること。

1時間足ボリバンが収縮していること。

1時間足MAがエントリー方向と一致していること。

損切ラインはローソク足のひげに設定し、10pips以下に抑えること。

厳格に売買ルールを守り、改善を怠らないこと。

 

ルール①(4時間足クロスカウンター)

4時間足がMAとクロスした後の押し目、戻りを狙う。

 

ルール②(トレンド途中の仕掛け)

1時間足がMAにタッチしたタイミングで狙う。

 

ルール③(トレンド途中の仕掛け)

4時間足がMAにタッチしたタイミングで狙う。

2021/8/12

15分足を見ているだけだとそれ以上の次元の波に食われてしまう。値動きが止まっていないならば仕掛けるべきではない。タイミングを逃しても、またチャンスはやってくるのだから、待つことをいい加減覚える必要がある。

2021/8/11

1か月前と比べると相場の流れは見えてきている。あらゆる手法に精通していればいいわけじゃない。1つの手法を追求していく。参考にしている師匠の手法を徹底的に真似る。どのポイントでエントリーしているか?損切しているか?日足、週足まで流れを確認してリスクリワードがよい局面を見極める。4時間足クロスカウンター、トレンド途中の押し目、稀に日足クロスカウンター。1時間足MAの向き、ボリバンの収縮。MAに引き寄せてからのもみ合いで勝負する。そして、15分足の使い方が最終的に勝負を決める。行けそうな局面では積極的に狙っていく。このまま継続していく。

2021/8/8

ルール度外視したエントリーがある。1か月で30回のエントリーが上限。20回くらいでもいいくらい。それくらいタイトにポイントを絞る。それ以上だと多すぎる。損切ラインが確実に引けるポイントまで待ち続ける。引っかかったら潔く諦める。何度も執着してエントリーしないこと。まずは自分で決めたルール通りの局面のみでエントリーをすること。ポジ病にならないこと。ポジションを持たなければ利益は上げられないが、マイナスよりは0のほうがマシである。狙うべきポイントをタイトに絞り、ここまではいかないだろうっていう損切ラインが明確に引ける局面でのみ勝負する。明日からが待ち遠しい。楽しんでトレードすることは忘れてはいけない。

2021/8/7

私が狙っているポイントは4時間足クロスカウンターとトレンド途中の押し目だけだ。1回のエントリーで100pips以上の利幅を狙うわけだから、もっとタイトにポイントを絞る必要がある。いけるかいけないか曖昧な局面での注文は避ける。飛び乗りも絶対に駄目だ。ここは勝負すべきだよな、そういう局面が必ずやってくるのだから待つことが重要である。損切幅は10pipsでも多い。ここ以上はいかないだろうっていう明確なサポレジが見えてくれば損切幅を6-8pipsまで減らすことができる。相場は無限の利益機会を与えてくれる。繰り返すが、確率の高いポイントに狙いを定めて、勝負するポイントをもっとタイトに絞る。飛び乗りはダメ。なんとなくいけそうだよね、というのはダメ。ここだよね、ここしかないよね、そういう局面でのみ勝負する。絶対だ。世界で勝負できるトップトレーダーになるのが私の夢だ。高みを目指していく。